鮮やかな緑と夏の雲

子どもの成長が嬉しかったと思った出来事

私がこれまでに子どもの成長が嬉しいと思ったのはいくつかありしたが、中でも特に嬉しいと思ったのがまだ言葉も満足に話せなかった2歳の娘が大人も全く記憶してなかったことをしっかり記憶しているのが分かった時でした。

 

それもある単語を話してそれを娘に喋らせようとした時に娘は喋らずに無言であるところを指してその単語を表すイラストをがある事を私に教えようとした時はすごい記憶力だと思いました。

 

なぜなら、娘が指したのは色んなイラストが単語と一緒に描かれたポスターで親の私でもそのイラストにどういう物があるのか全てを把握してなかったのが、娘は記憶していたからです。

 

そして私が偶然そのイラストにある単語を話して娘に復唱させようとしたら娘はポスターにそれがあるとアピールしてきたので、2歳でもうこんな事ができるのかと娘の成長を嬉しく思いました。

 

特に私の予想とは全く違った形で成長を感じさせてくれたのが色んな意味で嬉しかったです。この体験から子どもは親があれこれしなくても勝手に色んなものを吸収しているのだと思いました。

 

親が子どものために何かしたから成長してくれるというものでもないと思いました。子どもが独自にドンドン成長していってこれからも新鮮な驚きがあるのかと嬉しくなりました。

更新履歴
page top